『夏の終り』おすすめ邦画度!

監督:熊切和嘉
キャスト:満島ひかり

作家、尼僧として活躍する瀬戸内寂聴が自身の体験を基につづったロングセラー小説を、『海炭市叙景』などの熊切和嘉監督が映画化。妻子がいながら不倫を続ける年上の男性作家、昔関係のあった女性にさまざまな感情が芽生え苦しむ年下の男、

その二人の間で揺れ動く女性が織り成す三角関係を描く。自らのうちに潜む女の業に苦悩しながらも自分なりの愛を追い求めるヒロインを、満島ひかりが熱演。相手役をベテラン小林薫と綾野剛が務める。シネマトゥデイより引用

夏の終り あらすじ

結婚して子どももいる年上の作家・慎吾(小林薫)と長きにわたって一緒に生活している知子(満島ひかり)は、慎吾が妻と知子の間を行き来する生活に不満もなく、妻と離婚してほしいと思ったこともなかった。

そんなある日、かつて彼女が家庭を捨てて駆け落ちした相手の涼太(綾野剛)と再会。それ以来知子の心は揺らぎはじめ、慎吾との関係を継続させつつも涼太と以前のような関係に戻ってしまい……。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 夏の終り おすすめ邦画度数 star1-2

昔の邦画らしい邦画。なので退屈してしまう人も多いと思う。個人的には嫌いではない。二人の男に愛されるが満たされない女の情がよく描かれていると思うから。

指さしアイコン 『夏の終り』を無料動画で探してみませんか?