『 まほろ駅前多田便利軒 』おすすめ邦画度!

監督:大森立嗣
出演:瑛太 松田龍平

『風が強く吹いている』も映画化された三浦しをん原作の直木賞受賞小説を、『ゲルマニウムの夜』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』の大森立嗣監督が映画化したユーモラスで温かい人間ドラマ。

瑛太と松田龍平が主人公の便利屋を演じ、ワケありの客たちとの出会いとエピソードをつづってゆく。共演は、片岡礼子や鈴木杏、麿赤兒など個性豊かな実力派俳優たち。人間のこっけいさと生きることの幸せを、じんわりと浮かび上がらせる大森監督の手腕が光る。シネマトゥデイ より引用

まほろ駅前多田便利軒 あらすじ

ある年の正月。東京郊外に位置するまほろ市で便利屋を営む多田(瑛太)のもとに、ひょんなことから同級生の行天(松田龍平)が転がり込んでくる。

自称コロンビア人の娼婦(しょうふ)ルル(片岡礼子)やヤバいアルバイトに手を出す小学生の由良(横山幸汰)など、二人は便利屋稼業を通して奇妙な客たちの人生に深くかかわっていく。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき まほろ駅前多田便利軒 おすすめ邦画度数 st3

空気感がたまらない映画。ずっとシリーズ化してほしいです。

スローテンポなので、ストーリー追いが好きな人には向きませんが、キャラクターを味わうのが好きな人にはとってもおすすめです。

指さしアイコン 『まほろ駅前多田便利軒』を無料動画で探してみませんか?