『イニシエーション・ラブ』おすすめ邦画度!

監督:堤幸彦
キャスト:松田翔太 前田敦子

ベストセラーを記録した乾くるみの小説を実写化した、異色のラブストーリー。恋愛下手の大学生と歯科助手の出会いを描く「Side-A」、遠距離恋愛を経て彼らの関係が終わるさまを追う「Side-B」の2部構成でつづられる。

監督は、『20世紀少年』シリーズなどの堤幸彦。主人公の男女を、『ライアーゲーム』シリーズなどの松田翔太と『もらとりあむタマ子』などの前田敦子が快演。ラスト5分でラブロマンスからミステリーに転じる作風に意表を突かれる。シネマトゥデイ より引用

イニシエーション・ラブ あらすじ

バブル真っただ中の、1980年代後半の静岡。友人から合コンに誘われ、乗り気ではなかったが参加することにした大学生の鈴木(松田翔太)は、そこで歯科助手として働くマユ(前田敦子)と出会う。

華やかな彼女にふさわしい男になろうと、髪型や服装に気を使って鈴木は自分を磨く。二人で過ごす毎日を送ってきた鈴木だったが、就職して東京本社への転勤が決まってしまう。

週末に東京と静岡を往復する遠距離恋愛を続けるが、同じ職場の美弥子(木村文乃)と出会い、心がぐらつくようになる。
シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき イニシエーション・ラブ おすすめ邦画度数 st3

これ時代背景的にアラフォー世代にはなつかしく見ることができるんじゃないですかね。おすすめです。

原作読んでいる人からは評判イマイチですが、まあそれはいつものことですから、むしろ原作を知らない方は普通に楽しめると思います。

指さしアイコン 『イニシエーション・ラブ』を無料動画で探してみませんか?