『ふきげんな過去』おすすめ邦画度!

監督:前田司郎
出演:小泉今日子 二階堂ふみ

劇団「五反田団」を主宰し、『横道世之介』などの脚本を務めた前田司郎が、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』に続いて放つ監督第2作。

『グーグーだって猫である』などの小泉今日子と、『ヒミズ』などの二階堂ふみが母娘役で初めて共演を果たし、18年前に死んだといわれていた母親が、高校生の娘の前に突然現れたことから始まるひと夏の物語を描く。

反発し合いながらも一つ屋根の下で親子の時間を過ごす二人の姿を通し、人間の滑稽さや切なさを浮き彫りにする。シネマトゥデイ より引用

ふきげんな過去 あらすじ

東京・北品川に位置する食堂で生活している女子高生・果子(二階堂ふみ)の前に、18年前に他界したはずの伯母・未来子(小泉今日子)が突然現れる。

とある事件によって前科持ちとなった未来子は果子の実母だと告白し、そんな彼女の登場に周りの家族はうろたえる。自分の部屋に住み込む空気を読めない未来子に、イライラする果子だったが……。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき ふきげんな過去 おすすめ邦画度数 star1-4

ストーリー追いの映画ではないので邦画らしい邦画が苦手な人にはよくわからないかも。

個人的には久しぶりに超現実を体感させてもらいましたね。日常的な舞台の中で。

セリフがいちいち面白いんですよ。原作読みたいなって思ったら、これ監督のオリジナル作品なんだそうな。

いやはや、マジでつまらなくて面白かったです。

指さしアイコン 『ふきげんな過去』を無料動画で探してみませんか?