『光にふれる』おすすめ映画度!

監督:チャン・ロンジー
キャスト:ホアン・ユィシアン

台湾出身の盲目のピアニスト、ホアン・ユィシアンの実話を基に描く感動作。全盲ながらも類いまれなピアノの才能を持つ青年と、ダンサーを志す女性の出会いを通して、お互いに夢に向かって奮闘する姿をみずみずしいタッチで描き出す。

ホアン・ユィシアン自身が主演を務め、相手役を台湾の女優サンドリーナ・ピンナが好演。さまざまな困難を乗り越え、母の愛や友情に包まれて羽ばたく主人公の姿に勇気をもらう。シネマトゥデイより引用

光にふれる あらすじ

生まれたときから目が見えないユィシアン(ホアン・ユィシアン)は、台中で花農家を経営する両親と幼い妹と一緒に生活していた。ピアノの才能に恵まれた彼は台北の大学に進学が決まり、母親(リー・リエ)の運転する軽トラックで大学の寮に向かう。

視覚障害者を初めて受け入れた大学では、ユィシアンの移動を日直のクラスメートが手助けすることが決まり……。

シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 光にふれる おすすめ邦画度数 st3

製作指揮にウォン・カーウァイが名を連ねている。台湾では大ヒットした映画のようですね。で、これ観終わった後に作品詳細を調べたらなんと盲目のピアニスト、ホアン・ユィシアン自身が出演していました。

外国映画ということもあるでしょうが、まったく違和感なくみれたし、むしろ初々しくてピュアに見れたのがそのせいだったのかと。とても清々しい気分になれる映画です。

指さしアイコン 『光にふれる』を無料動画で探してみませんか?