『ぐるりのこと。』おすすめ邦画度!

監督:橋口亮輔
出演:木村多江 リリー・フランキー

前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。

1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。

主演は『怪談』の木村多江と、『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』の原作者リリー・フランキー。決して離れることのない彼らのきずなを通して紡がれる希望と再生の物語が、温かな感動を誘う。シネマトゥデイ より引用

ぐるりのこと。 あらすじ

1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめていた。

どこにでもいるような幸せな夫婦だったが、あるとき子どもを亡くしてしまい、その悲しみから翔子は心を病んでしまう。

そんな翔子をカナオは温かく支え続け、2人の生活は少しずつ平穏を取り戻してゆく。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき ぐるりのこと。 おすすめ邦画度数 st3

地味な映画ですが、結婚っていいのかも?と思わせてもらえます。

割によかったですよ。

指さしアイコン 『ぐるりのこと。』を無料動画で探してみませんか?