『終戦のラストエンペラー』おすすめ邦画度!

監督:ピーター・ウェーバー 脚本:デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ
キャスト: トミー・リー・ジョーンズ 初音映莉子 西田敏行 火野正平 桃井かおり

岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス。

終戦のラストエンペラー  あらすじ

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。
シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 終戦のラストエンペラー 映画おすすめ度 star1-2

原作はサスペンスとのことですが映画を見る限りまったくストーリーに引き込まれません。けっこう重いテーマを扱っていると思うのですが、日本人女性に恋をしていたアメリカ軍人のスタルジックナ想いを追いかけているとしか思えないのですが、、、。でもなぜか最後の天皇陛下の描き方だけは厳かなものを感じて若干うるっときたんですが、なんでですかね(^_^;)

指さしアイコン 『終戦のラストエンペラー』を無料動画で探してみませんか?

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す