『クリーピー 偽りの隣人』おすすめ邦画度!

監督:黒沢清
キャスト:西島秀俊

『アカルイミライ』などの黒沢清監督がメガホンを取り、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を映画化。

隣人に抱いた疑念をきっかけに、とある夫婦の平穏な日常が悪夢になっていく恐怖を描く。黒沢監督とは『LOFT ロフト』に続いて4度目のタッグとなる西島秀俊が主演を務め、彼の妻を竹内結子が好演。

そのほか川口春奈、東出昌大、香川照之ら豪華キャストが集結している。シネマトゥデイより引用

クリーピー 偽りの隣人 あらすじ

刑事から犯罪心理学者に転身した高倉(西島秀俊)はある日、以前の同僚野上(東出昌大)から6年前の一家失踪事件の分析を頼まれる。

だが、たった一人の生存者である長女の早紀(川口春奈)の記憶の糸をたぐっても、依然事件の真相は謎に包まれていた。

一方、高倉が妻(竹内結子)と一緒に転居した先の隣人は、どこか捉えどころがなく……。
シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき クリーピー 偽りの隣人 おすすめ邦画度数 st3

暗いし後味悪いですが、ストーリーの不気味な展開にグイグイ引き込まれてしまいます。

ちなみにタイトルの“creepy”の意味は「ゾッとするような」とか「身の毛がよだつ」なんだとか。まさにタイトルを裏切らない映画でしたね。

指さしアイコン 『クリーピー 偽りの隣人』を無料動画で探してみませんか?