『ブルージャスミン』おすすめ映画度!

監督:ウディ・アレン
キャスト:ケイト・ブランシェット

ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。

ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しようとする過程で、彼女の過去や心の闇を浮き彫りにしていく。実業家である夫をアレック・ボールドウィンが演じるほか、サリー・ホーキンスやピーター・サースガードが共演。シリアスな展開と共に、ケイトの繊細な演技に引き込まれる。シネマトゥデイより引用

ブルージャスミン あらすじ

ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)とニューヨークでぜいたくな生活を送っていたが、全てを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。

過去のセレブ生活にとらわれ、神経をすり減らしていたジャスミンだったが、ある日お金持ちの男性ドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、自分の身の上についてうそをついてしまう。

シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき ブルージャスミン おすすめ邦画度数 st3

ウディ・アレンとケイト・ブランシェットだから期待してみたのだけれど、ちょっとパンチにかけるというか・・・・。しいていえばケイト・ブランシェットの演技があっぱれすぎて怖いのだ。とはいえケイトのセレブなファッションは楽しめるのでそういうのが好きなアラフォー女子にはいいかも。

指さしアイコン 『ブルージャスミン』を無料動画で探してみませんか?