『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』おすすめ映画度!

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
キャスト:マイケル・キートン

『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。

人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。

ヒーロー映画の元主演俳優役に『バットマン』シリーズなどのマイケル・キートンがふんするほか、エドワード・ノートンやエマ・ストーン、ナオミ・ワッツらが共演。

不条理なストーリーと独特の世界観、まるでワンカットで撮影されたかのようなカメラワークにも注目。シネマトゥデイより引用

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) あらすじ

かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡(ふうび)した俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること」に再起を懸けていた。

しかし、降板した俳優の代役としてやって来たマイク・シャイナー(エドワード・ノートン)の才能がリーガンを追い込む。さらに娘サム(エマ・ストーン)との不仲に苦しみ、リーガンは舞台の役柄に自分自身を投影し始め……。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) おすすめ映画度数 star1-4

第87回アカデミー賞作品賞です。監督のジェームズ・マーシュは翌年のアカデミー賞でも「レヴェナント 蘇えりし者」で監督賞を受賞しています。

なんというか・・・斬新でした。ストーリーでみせるというよりも、セリフや設定やカメラワークがいいのでしょうか。たぶん2度、3度観るごとに味わいがでてくる映画だと思います。

指さしアイコン 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を無料動画で探してみませんか?