『遺体 明日への十日間』おすすめ邦画度!

監督:君塚良一 脚本:君塚良一
キャスト:西田敏行 佐藤浩市 筒井道隆 志田未来

ジャーナリスト石井光太が、2011年3月11日に発生した東日本大震災から十日間、岩手県釜石市の遺体安置所で、石井本人が見てきた報道では伝えきれていない現状を、ありのままを綴ったルポルタージュ『遺体 震災、津波の果てに』を実写映像化した作品。【ウィキペディアより】

遺体 明日への十日間 あらすじ

東日本大震災の発生直後。定年まで葬儀関係の仕事に就いていた相葉常夫(西田敏行)は、仕事柄遺体に接する機会が多かったことから、遺体安置所でボランティアとして働くことになる。一人一人の遺体に優しく話し掛ける相葉の姿を見て、膨大な遺体に当初は戸惑っていた市職員たちも、一人でも多く遺族のもとに帰してあげたいと奮闘し続ける。シネマトゥデイより引用
「『遺体 明日への十日間』おすすめ邦画度!」の続きを読む…