『荒川アンダーザブリッジ』おすすめ邦画度!

監督・脚本:飯塚健 原作:中村光
キャスト: 林遣都 桐谷美玲 小栗旬 山田孝之

キャッチコピーは「宝物はきっと、ここ(AUTB)にある――。」全国172スクリーンという小規模公開ながら、2012年2月4、5日の初日2日間で興収5,856万700円、動員4万2,913人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった。

荒川アンダーザブリッジ  あらすじ

再開発の視察のために荒川の河川敷にやってきた大企業の御曹司・市ノ宮行(林遣都)は、ピンチのところを美少女ニノ(桐谷美玲)に救われる。かっぱの着ぐるみ姿の村長(小栗旬)や星のマスクをかぶったミュージシャン(山田孝之)ら奇妙な人々との出会いに驚きながらも、行は彼らのことを理解していくのだった。しかし、河川敷の住人の一斉退去の日が近付いてきて……。
シネマトゥデイより引用
「『荒川アンダーザブリッジ』おすすめ邦画度!」の続きを読む…