『終戦のラストエンペラー』おすすめ邦画度!

監督:ピーター・ウェーバー 脚本:デヴィッド・クラス 、ヴェラ・ブラシ
キャスト: トミー・リー・ジョーンズ 初音映莉子 西田敏行 火野正平 桃井かおり

岡本嗣郎のノンフィクション「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」が原作の歴史サスペンス。

終戦のラストエンペラー  あらすじ

1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。
シネマトゥデイより引用
「『終戦のラストエンペラー』おすすめ邦画度!」の続きを読む…