『神様のカルテ』おすすめ邦画度!

監督:深川栄洋 脚本:後藤法子 原作:夏川草介神様のカルテ
キャスト:櫻井翔 宮崎あおい

小説第1作を原作とするものの設定が一部原作と異なっている。キャッチコピーは「心は、きっと救える」「最後に こんな幸せな時間が 待っていたなんて。」【ウィキペディアより】

神様のカルテ  あらすじ

自然あふれる長野・松本の本庄病院で、内科医として働く栗原一止(櫻井翔)。24時間365日体制で医師不足の問題を抱える病院で、前向きな職員たちと共に診療をこなす一止にとって、最愛の妻・榛名(宮崎あおい)らと語らうことが日々の楽しみだった。そんなある日、一止はある患者と出会い、人生の岐路に立つこととなり……。シネマトゥデイより引用
「『神様のカルテ』おすすめ邦画度!」の続きを読む…