『横道世之介』おすすめ邦画度!

監督:沖田修一 脚本:沖田修一 原作:吉田修一
キャスト:高良健吾 吉高由里子 池松壮亮 伊藤歩 綾野剛

主人公・横道世之介役の高良健吾と、ヒロイン与謝野祥子役の吉高由里子は『蛇にピアス』
以来5年ぶりの共演。監督は『南極料理人』、『キツツキと雨』の沖田修一。
キャッチコピーは「出会えたことが、うれしくて、可笑しくて、そして、寂しい――。」

横道世之介 あらすじ

1987年、大学進学するために上京した主人公・横道世之介は長崎県の港町出身の18歳。
性格は、どこか図々しくも人の頼みを断れないお人好し。世間知らずな社長令嬢でガール
フレンドとなる与謝野祥子、大学の友人・倉持一平、年上の憧れの女性・片瀬千春、女性に
興味がない同級生・加藤雄介など周りの人々をとりまく青春物語。
ウィキペディアより引用
「『横道世之介』おすすめ邦画度!」の続きを読む…