『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』おすすめ邦画度!

監督: 松岡錠司 脚本:松尾スズキ 原作:リリー・フランキー
キャスト:オダギリジョー, 樹木希林, 内田也哉子, 松たか子

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン あらすじ/解説
リリー・フランキー原作の同名ベストセラーを映画化した本作は、ドラマ版とは違って、映画ならではの細部へのこだわりや、絶妙なキャスティングによって、 原作の持ち味を存分に活かすことになった。原作者自身がモデルである主人公の「ボク」が、炭鉱町・筑豊での少年時代を経て、東京でイラストレーター兼コラ ムニストそして成功。ガンに冒された「オカン」を東京に呼び寄せるという物語は、ほぼ原作どおり…。(Amazon.co.jpより 抜粋)

「『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』おすすめ邦画度!」の続きを読む…