『セトウツミ』おすすめ邦画度!

監督:大森立嗣
出演:池松壮亮 菅田将暉

関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。

タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。

クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。シネマトゥデイ より引用
「『セトウツミ』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『インサイダーズ/内部者たち』おすすめ映画度!

監督:ウ・ミンホ
出演:イ・ビョンホン

『G.I.ジョー』シリーズなどのイ・ビョンホンが主演を務め、財閥と政治家とマスコミの強大な癒着による権力争いに迫る社会派ドラマ。

策略家とその右腕と検事らの野望が複雑に絡み合う、世紀の化かし合いを活写する。ずる賢い策士を『観相師-かんそうし-』などのペク・ユンシク、野心家の検事を『マラソン』などのチョ・スンウが快演。

金と権力とコネにまみれた男たちの欲望が渦巻く壮絶なバトルに言葉を失う。シネマトゥデイ より引用
「『インサイダーズ/内部者たち』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『最愛の子』おすすめ映画度!

監督:ピーター・チャン
出演:ヴィッキー・チャオ

第71回ベネチア国際映画祭や第39回トロント国際映画祭に出品された、実話がベースのミステリードラマ。

3歳の息子が失踪し、その3年後に他人の子として育てられていた彼と再会した両親の葛藤や苦悩を見つめる。メガホンを取るのは、『捜査官X』などのピーター・チャン。

『画皮 あやかしの恋』などのヴィッキー・チャオ、『西遊記 ~はじまりのはじまり~』などのホアン・ボーらが顔をそろえる。

生みの親、育ての親、それぞれの愛について問い掛ける。シネマトゥデイ より引用
「『最愛の子』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『39 刑法第三十九条 』おすすめ邦画度!

監督:森田芳光
出演:鈴木京香 堤真一

犯行時、犯人が心神耗弱もしくは心神喪失の場合は罪に問わないという刑法第三十九条の規定をめぐって繰り広げられる犯人と鑑定人の虚々実々のやり取りを描いた心理サスペンス。監督は「家族ゲーム」の森田芳光。allcinema ONLINE より引用
「『39 刑法第三十九条 』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『悪のクロニクル』おすすめ映画度!

監督:ペク・ウナク
出演:ソン・ヒョンジュ パク・ソジュン

本国では同日公開の『マッドマックス:怒りのデス・ロード』を抑え、初登場1位! 公開後、『アベンジャーズ』『マッドマックス』などハリウッド大作を抜き

興行成績1位に浮上! 動員200万人を超える大ヒットを記録! ! Amazonより引用
「『悪のクロニクル』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『君の名は。』おすすめ邦画度!

監督:新海誠

『星を追う子ども』『言の葉の庭』などの新海誠が監督と脚本を務めたアニメーション。見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う。

キャラクターデザインに『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』シリーズなどの田中将賀、作画監督に『もののけ姫』などの安藤雅司、ボイスキャストに『バクマン。』などの神木隆之介、『舞妓はレディ』などの上白石萌音が名を連ねる。

ファンタスティックでスケール感に満ちあふれた物語や、緻密で繊細なビジュアルにも圧倒される。シネマトゥデイ より引用
「『君の名は。』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『僕だけがいない街』おすすめ邦画度!

監督:平川雄一朗
キャスト:藤原竜也 有村架純

三部けいによるミステリー漫画を、『ツナグ』などの平川雄一朗監督が映画化。自分の意志に関係なく時間が巻き戻る現象により18年前に戻った主人公が、記憶を封印していた過去の未解決事件と向き合い、時空移動を繰り返しながら事件の解明に挑む。

主演は『カイジ』シリーズなどの藤原竜也、彼が心を開くきっかけを作るヒロインに『映画 ビリギャル』などの有村架純。そのほか及川光博、石田ゆり子らがキャスト陣に名を連ねている。シネマトゥデイ より引用

「『僕だけがいない街』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『岸辺の旅』おすすめ邦画度!

監督:黒沢清
出演:深津絵里 浅野忠信

『アカルイミライ』がパルムドールにノミネートされた経験もある黒沢清監督が、湯本香樹実が2010年に上梓した小説を映画化。

3年間行方をくらましていた夫がふいに帰宅し、離れ離れだった夫婦が空白の時間を取り戻すように旅に出るさまを描く。脚本は『私の男』などで知られる宇治田隆史が黒沢監督と共同で担当。

『踊る大捜査線』シリーズなどの深津絵里と、『バトルシップ』、『マイティ・ソー』シリーズなどでハリウッド進出も果たした浅野忠信が夫婦愛を体現する。シネマトゥデイ より引用

「『岸辺の旅』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『ふきげんな過去』おすすめ邦画度!

監督:前田司郎
出演:小泉今日子 二階堂ふみ

劇団「五反田団」を主宰し、『横道世之介』などの脚本を務めた前田司郎が、『ジ、エクストリーム、スキヤキ』に続いて放つ監督第2作。

『グーグーだって猫である』などの小泉今日子と、『ヒミズ』などの二階堂ふみが母娘役で初めて共演を果たし、18年前に死んだといわれていた母親が、高校生の娘の前に突然現れたことから始まるひと夏の物語を描く。

反発し合いながらも一つ屋根の下で親子の時間を過ごす二人の姿を通し、人間の滑稽さや切なさを浮き彫りにする。シネマトゥデイ より引用

「『ふきげんな過去』おすすめ邦画度!」の続きを読む…