『本能寺ホテル』おすすめ邦画度!

監督:鈴木雅之
出演:綾瀬はるか

『プリンセス トヨトミ』の綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結し、元OLと織田信長との「本能寺の変」前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。

婚約者の両親に会うために京都を訪れたヒロインが“本能寺ホテル”という宿に泊まり、本能寺の変の前日に、暗殺の標的となっている信長に出会い、信長や森蘭丸と交流するさまが描かれる。

元OL役の綾瀬と信長役の堤のほか、濱田岳、平山浩行、風間杜夫などが出演。現代と戦国時代の京都を行き来するヒロインが、歴史的な事件にどう絡んでいくのかに注目。シネマトゥデイ より引用
「『本能寺ホテル』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『恋妻家宮本』おすすめ邦画度!

監督:遊川和彦
出演:阿部寛 天海祐希

テレビドラマ「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など数々の話題作を送り出してきた人気脚本家・遊川和彦の初監督作。

作家・重松清の小説「ファミレス」を脚色し、子供が独立して二人きりになった夫婦が、家族の在り方を模索していくさまがコミカルに展開する。

熟年離婚の危機に瀕した主人公には阿部寛、その妻をテレビドラマ「女王の教室」など遊川脚本作品に出演経験のある天海祐希が演じる。

さまざまな家族の姿を描き続けてきた遊川が、どんな家族像や夫婦像を示すのか注目。シネマトゥデイ より引用
「『恋妻家宮本』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『名もなき復讐』おすすめ映画度!

監督:アン・ヨンフン
出演:シン・ヒョンビン

テレビドラマ「Mimi」などのシン・ヒョンビンが不運なヒロインを体当たりで演じたリベンジ劇。

輝かしい未来を信じていた女性が一転、交通事故とその後残った後遺症に苦しめられ、さらにひどい暴力にさらされ人生を狂わせていくさまを描写する。『記憶の中の僕たちへ』などのユン・ソイらが共演。

わが身に降りかかってきた災厄をきっかけに、復讐(ふくしゅう)の鬼と化す主人公の姿が切ない。シネマトゥデイ より引用
「『名もなき復讐』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『La La Land』おすすめ映画度!

監督:デミアン・チャゼル
出演:エマ・ストーン

『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現する。

『ブルーバレンタイン』などのライアン・ゴズリングと『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などのエマ・ストーンをはじめ、『セッション』でチャゼル監督とタッグを組んで鬼教師を怪演したJ・K・シモンズが出演。

クラシカルかつロマンチックな物語にうっとりする。シネマトゥデイ より引用
「『La La Land』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『アイム・ノット・ゼア』おすすめ映画度!

監督:トッド・ヘインズ
出演:クリスチャン・ベール ケイト・ブランシェット

『エデンより彼方に』などの鬼才トッド・ヘインズが、構想から7年をかけて挑んだボブ・ディランの伝記映画。

6人の俳優がそれぞれ異なる6つのイメージのボブ・ディランを好演する。クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、ヒース・レジャーら新旧の人気俳優らの熱演も見事だが、紅一点のケイト・ブランシェットの成り切りぶりには目を見張る。

まるでパズルのピースのように組み合わされた、アーティストたちの多種多様な顔は必見。シネマトゥデイ より引用
「『アイム・ノット・ゼア』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『追憶(邦画)』おすすめ邦画度!

監督:降旗康男
出演:岡田准一

『駅 STATION』『鉄道員(ぽっぽや)』などの降旗康男監督と撮影の木村大作がタッグを組み、『永遠の0』などの岡田准一が主演を務めたミステリードラマ。

主人公の刑事が殺害現場で遺体となった幼なじみと対面し、共通の旧友が容疑者として浮上、事件の真相と3人の男の封印された過去が次第に明かされる。主人公の旧友に小栗旬と柄本佑、ほかに長澤まさみ、木村文乃らが共演。

友人の死をめぐって現在と過去が交錯する展開と重厚なドラマが堪能できる。シネマトゥデイより引用
「『追憶(邦画)』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『甘い人生』おすすめ映画度!

監督:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン

イ・ビョンホン自ら代表作と称するハードボイルド・タッチで描くラブストーリー。監督は『箪笥 』のキム・ジウンで、「美しき日々」のシン・ミナや、韓国の人気音楽グループ“シンファ”のエリックが出演することでも話題。

得意の“キラー・スマイル”は一切なく、黒スーツ姿のイ・ビョンホンがひたすらストイックな演技で魅了する。シネマトゥデイ より引用
「『甘い人生』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『図書館戦争 THE LAST MISSION』おすすめ邦画度!

監督:佐藤信介
出演:岡田准一 榮倉奈々

岡田准一と榮倉奈々の共演で、有川浩の人気小説シリーズを映画化して好評を博した『図書館戦争』の続編。

本作では前回の図書防衛バトル「小田原・情報歴史図書館攻防戦」から1年半後を舞台に、図書隊とメディア良化委員会との前代未聞の戦闘の行方を追い掛ける。

前作に引き続き佐藤信介が監督を務め、田中圭や栗山千明ら豪華キャストも再集結。榮倉演じるヒロインの成長はもとより、激しいアクションも見どころ。シネマトゥデイ より引用
「『図書館戦争 THE LAST MISSION』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『サビ男サビ女』おすすめ邦画度!

キャスト:桜庭ななみ 中村蒼 友近 小泉今日子

個性的な4人のキャラクターが繰り広げるドタバタ劇を、4話構成で映像化したショートオムニバス。

他人を励ましたがる女子大生、あこがれの彼女に近付くため女装する男子高校生、クレーム魔、行き場のないリストラ男性を拾ってしまう主婦という4人の男女を、『サマーウォーズ』の桜庭ななみ、『BECK』の中村蒼、お笑い芸人の友近、小泉今日子が好演。

『オカンの嫁入り』の呉美保ら気鋭の監督陣が独自の切り口で描いたユニークなストーリーを楽しめる。シネマトゥデイ より引用

「『サビ男サビ女』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『野火』おすすめ邦画度!

監督:塚本晋也

「俘虜記」「花影」などで知られる大岡昇平の小説を実写化した戦争ドラマ。第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う。『KOTOKO』などの塚本晋也が、監督と主演のほかに、製作、撮影、編集なども担当。

共演には『そして父になる』などのリリー・フランキー、『るろうに剣心 京都大火編』などの中村達也、オーディションで選ばれた新星・森優作と、バラエティー豊かな顔ぶれがそろう。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨(せいさん)な心象風景に胸をえぐられる。シネマトゥデイ より引用

「『野火』おすすめ邦画度!」の続きを読む…