『アイム・ノット・ゼア』おすすめ映画度!

監督:トッド・ヘインズ
出演:クリスチャン・ベール ケイト・ブランシェット

『エデンより彼方に』などの鬼才トッド・ヘインズが、構想から7年をかけて挑んだボブ・ディランの伝記映画。

6人の俳優がそれぞれ異なる6つのイメージのボブ・ディランを好演する。クリスチャン・ベイル、リチャード・ギア、ヒース・レジャーら新旧の人気俳優らの熱演も見事だが、紅一点のケイト・ブランシェットの成り切りぶりには目を見張る。

まるでパズルのピースのように組み合わされた、アーティストたちの多種多様な顔は必見。シネマトゥデイ より引用
「『アイム・ノット・ゼア』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『追憶(邦画)』おすすめ邦画度!

監督:降旗康男
出演:岡田准一

『駅 STATION』『鉄道員(ぽっぽや)』などの降旗康男監督と撮影の木村大作がタッグを組み、『永遠の0』などの岡田准一が主演を務めたミステリードラマ。

主人公の刑事が殺害現場で遺体となった幼なじみと対面し、共通の旧友が容疑者として浮上、事件の真相と3人の男の封印された過去が次第に明かされる。主人公の旧友に小栗旬と柄本佑、ほかに長澤まさみ、木村文乃らが共演。

友人の死をめぐって現在と過去が交錯する展開と重厚なドラマが堪能できる。シネマトゥデイより引用
「『追憶(邦画)』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『甘い人生』おすすめ映画度!

監督:キム・ジウン
出演:イ・ビョンホン

イ・ビョンホン自ら代表作と称するハードボイルド・タッチで描くラブストーリー。監督は『箪笥 』のキム・ジウンで、「美しき日々」のシン・ミナや、韓国の人気音楽グループ“シンファ”のエリックが出演することでも話題。

得意の“キラー・スマイル”は一切なく、黒スーツ姿のイ・ビョンホンがひたすらストイックな演技で魅了する。シネマトゥデイ より引用
「『甘い人生』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『図書館戦争 THE LAST MISSION』おすすめ邦画度!

監督:佐藤信介
出演:岡田准一 榮倉奈々

岡田准一と榮倉奈々の共演で、有川浩の人気小説シリーズを映画化して好評を博した『図書館戦争』の続編。

本作では前回の図書防衛バトル「小田原・情報歴史図書館攻防戦」から1年半後を舞台に、図書隊とメディア良化委員会との前代未聞の戦闘の行方を追い掛ける。

前作に引き続き佐藤信介が監督を務め、田中圭や栗山千明ら豪華キャストも再集結。榮倉演じるヒロインの成長はもとより、激しいアクションも見どころ。シネマトゥデイ より引用
「『図書館戦争 THE LAST MISSION』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『サビ男サビ女』おすすめ邦画度!

キャスト:桜庭ななみ 中村蒼 友近 小泉今日子

個性的な4人のキャラクターが繰り広げるドタバタ劇を、4話構成で映像化したショートオムニバス。

他人を励ましたがる女子大生、あこがれの彼女に近付くため女装する男子高校生、クレーム魔、行き場のないリストラ男性を拾ってしまう主婦という4人の男女を、『サマーウォーズ』の桜庭ななみ、『BECK』の中村蒼、お笑い芸人の友近、小泉今日子が好演。

『オカンの嫁入り』の呉美保ら気鋭の監督陣が独自の切り口で描いたユニークなストーリーを楽しめる。シネマトゥデイ より引用

「『サビ男サビ女』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『野火』おすすめ邦画度!

監督:塚本晋也

「俘虜記」「花影」などで知られる大岡昇平の小説を実写化した戦争ドラマ。第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島を舞台に、野戦病院を追い出されてあてもなくさまよう日本軍兵士の姿を追う。『KOTOKO』などの塚本晋也が、監督と主演のほかに、製作、撮影、編集なども担当。

共演には『そして父になる』などのリリー・フランキー、『るろうに剣心 京都大火編』などの中村達也、オーディションで選ばれた新星・森優作と、バラエティー豊かな顔ぶれがそろう。戦争という極限状況下に置かれた者たちの凄惨(せいさん)な心象風景に胸をえぐられる。シネマトゥデイ より引用

「『野火』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『残穢(ざんえ)』おすすめ邦画度!

監督:中村義洋
キャスト:竹内結子

「屍鬼」などで知られるベストセラー作家・小野不由美の本格ホラー小説「残穢」を、『予告犯』などの中村義洋監督が映画化。

読者の女子大生から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙を受け取ったミステリー小説家が、二人で異変を調査するうちに驚くべき真実が浮かび上がってくるさまを描く。

主人公には中村監督とは5度目のタッグとなる竹内結子、彼女と一緒に事件の調査に乗り出す大学生を、『リトル・フォレスト』シリーズなど橋本愛が演じる。シネマトゥデイ より引用

「『残穢(ざんえ)』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『予告犯 』おすすめ邦画度!

監督:中村義洋
出演:生田斗真 戸田恵梨香

「ジャンプ改」で2011年から2013年にかけて連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを実写化したサスペンス。法では裁けぬ悪や罪をネット上で暴露し、その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯シンブンシとエリート捜査官の攻防が展開する。

監督は『ゴールデンスランバー』、『白ゆき姫殺人事件』などの中村義洋。『脳男』などの生田斗真が、新聞紙製の頭巾を被った異様な主人公を怪演、その脇を戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、荒川良々ら実力派が固める。

息詰まるタッチに加え、社会のさまざまな闇に光を当てる硬派な視点にも注目。シネマトゥデイ より引用

「『予告犯 』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『ストレイヤーズ・クロニクル』おすすめ邦画度!

監督:瀬々敬久
出演:岡田将生 染谷将太

本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙(たいじ)する。

メガホンを取るのは、『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。『悪人』などの岡田将生と『寄生獣』などの染谷将太が、導かれるように激突する異能力者たちを快演。

その脇を、成海璃子、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志らが固める。スリリングなストーリーに加え、岡田が繰り出す体を張った渾身(こんしん)の見せ場にも熱くなる。シネマトゥデイ より引用

「『ストレイヤーズ・クロニクル』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『ジュピター』おすすめ映画度!

監督:ラナ・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー

ラナ&アンディ・ウォシャウスキーが監督と脚本を務め、『マトリックス』シリーズ以来初のオリジナルストーリーで挑むSFアクション。

知能の高い異星人に統制された地球を舞台に、唯一無二の存在である地球人の女性と、彼女を守る使命を負った男の壮大な体験を活写する。

主演は『ホワイトハウス・ダウン』などのチャニング・テイタムと『ブラック・スワン』などのミラ・クニス。荘厳な世界観に圧倒される。シネマトゥデイより引用
「『ジュピター』おすすめ映画度!」の続きを読む…