『ギャラクシー街道』おすすめ邦画度!

監督:三谷幸喜
キャスト:香取慎吾 綾瀬はるか

劇作家・脚本家として絶大な人気を誇り、次々と話題作を世に送り出してきた三谷幸喜監督による奇想天外なSFコメディー。

三谷映画として初めて宇宙空間を舞台に、木星のそばに浮かぶ人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の脇に立つ、こぢんまりとした飲食店に集まる異星人たちが織り成す物語を描く。

主人公の宇宙人夫妻ノアとノエを、三谷監督作『ザ・マジックアワー』にも出演した香取慎吾と綾瀬はるかが演じる。シネマトゥデイ より引用

「『ギャラクシー街道』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『もらとりあむタマ子』おすすめ邦画度!

監督:山下敦弘 脚本:向井康介
キャスト:前田敦子 康すおん

『苦役列車』の山下敦弘監督と前田敦子が再びタッグを組み、実家で自堕落な日々を過ごすヒロインの生活を切り取った人間ドラマ。東京からUターンして実家に戻るものの就職もせず、家業を手伝うでもなくただ無為な毎日をやり過ごす若者が、やがて小さな第一歩を踏み出すまでを描写する。『マイ・バック・ページ』などの康すおんや、『アウトレイジ』シリーズなどの音楽を担当した鈴木慶一らが共演。ふがいないが、どこか憎めない主人公の成長物語が共感を呼ぶ。シネマトゥデイより引用
「『もらとりあむタマ子』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『苦役列車』おすすめ邦画度!

監督:山下敦弘 脚本:いまおかしんじ 原作:西村賢太
キャスト:森山未來 高良健吾 前田敦子 田口トモロヲ

公開時のキャッチコピーは「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」原作は144回芥川龍之介賞受賞。受賞の言葉が「風俗に行こうと思ってた」だったので、話題を呼んだ。

苦役列車 あらすじ

1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っていた。他人を避けながら孤独に暮らす貫多だったが、職場で専門学校生の日下部正二(高良健吾)と親しくなる。そんなある日、古本屋で働く桜井康子(前田敦子)に一目ぼれした貫多は、日下部に取り持ってもらい彼女と友達になるのだが……。シネマトゥデイより引用
「『苦役列車』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『清州会議』おすすめ邦画度!

監督:三谷幸喜 脚本:三谷幸喜
キャスト:役所広司  大泉洋  小日向文世  佐藤浩市 妻夫木聡 浅野忠信 鈴木京香

三谷幸喜自著小説の映画化作品。

清州会議 あらすじ

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。YahooJAPAN映画より引用
「『清州会議』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『冷たい熱帯魚』おすすめ邦画度!

監督:園子温 脚本:園子温
キャスト:吹越満, でんでん,黒沢あすか,神楽坂恵

冷たい熱帯魚 あらすじ/解説

『愛のむきだし』などで知られる園子温が監督を務めたサスペンスドラマ。熱帯魚店を経営する社本と妻の妙子は、娘が万引きしたとの連絡を受けてスーパーへと向かう。しかし、偶然居合わせた同業者・村田の取り成しで娘は無罪放免となり…。(キネマ旬報社データベースより 抜粋)
「『冷たい熱帯魚』おすすめ邦画度!」の続きを読む…