『千年の愉楽(せんねんのゆらく)』おすすめ邦画度!

監督:若松孝二 脚本:井出真理 
キャスト:寺島しのぶ 高良健吾 高岡蒼佑 染谷将太

昭和の作家・中上健次が故郷・和歌山を舞台に書いた小説を、『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程(みち)』『キャタピラー』の若松孝二監督が映画化した人間ドラマ。若い男たちの奔放ながらも悲しい生と性(さが)を、この地で見つめ続けた老女の視点で描き出す。シネマトゥデイより引用

千年の愉楽 あらすじ

年老いたオリュウノオバ(寺島しのぶ)の脳裏に、この紀州の路地で生まれ、女たちに愉楽を与え、散っていった男たちの思い出が駆け巡る。自らの美ぼうをのろうように生きた中本半蔵、生きることを強く望んだ田口三好、北の地でもがいた中本達男。彼らの誕生から死までを、助産師をしていたオリュウノオバは見つめ続けていたのだった。シネマトゥデイより引用
「『千年の愉楽(せんねんのゆらく)』おすすめ邦画度!」の続きを読む…