『ラスト、コーション』おすすめ邦画度!

監督:アン・リー 脚本:ワン・ホイリン ジェームズ・シェイマス 
キャスト:トニー・レオン タン・ウェイ

第64回ヴェネツィア国際映画祭にて、金獅子賞と金オゼッラ賞(撮影賞)を受賞。第44回金馬奨にて最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞(トニー・レオン)を受賞。激しい性描写が話題となり、アメリカではNC-17指定、日本ではR-18指定、中国では7分間短縮されたバージョンが公開されている。登場する女スパイのモデルとなった人物は、父親を中国人に母親を日本人にもつ鄭蘋茹(中国語版)(テン・ピンルー、簡体字:郑苹如)である。【ウィキペディアより】

ラスト、コーション あらすじ

1940年前後、日本軍占領下の上海。ワン(タン・ウェイ)は女スパイとしてイー(トニー・レオン)のもとへ送られる。しかし、大臣暗殺を企てる抗日青年との間で心が揺れ動くワンは……。シネマトゥデイより引用
「『ラスト、コーション』おすすめ邦画度!」の続きを読む…