『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』おすすめ映画度!

監督:フィリダ・ロイド 脚本:アビ・モーガン
キャスト:メリル・ストリープ

イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“鉄の女”と称されたサッチャーの誰もが知る姿と、その裏に隠された孤独な一面を繊細に描き出す。監督は、『マンマ・ミーア!』でメリルと組んだフィリダ・ロイド。サッチャーの夫を、『アイリス』や『ハリー・ポッター』シリーズのジム・ブロードベントが演じる。ハリウッドを代表する演技派女優、メリルの渾身(こんしん)の演技が見どころだ。シネマトゥデイより引用
「『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』おすすめ映画度!」の続きを読む…