『ウルヴァリン: SAMURAI』おすすめ映画度!

監督:ジェームズ・マンゴールド 脚本:クリストファー・マッカリー他
キャスト:ヒュー・ジャックマン TAO 福島リラ 真田広之

「X-メン」シリーズの6作目・ウルヴァリンシリーズの映画の2作目にあたるが、2009年の映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」の直接的な続編ではない。シリーズの過去作に続きヒュー・ジャックマンがタイトル・ロールを演じる。【ウィキペディアより】

ウルヴァリン: SAMURAI あらすじ

カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある日本人実業家・矢志田からの願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と共に日本へと向かう。不敵なまなざしを向ける矢志田の息子シンゲン(真田広之)に迎えられ、病身の矢志田と再会したローガンは彼から謎めいた言葉を告げられる。ほどなくして亡くなった矢志田の葬儀が執り行われるが、そこをギャングたちが襲撃。ローガンは矢志田の孫娘・マリコ(TAO)を連れ、その混乱から逃げ出すが……。シネマトゥデイより引用
「『ウルヴァリン: SAMURAI』おすすめ映画度!」の続きを読む…