『わが母の記』おすすめ邦画度!

監督:原田眞人 脚本:原田眞人 原作:井上靖
キャスト:役所広司 樹木希林 宮﨑あおい南果歩

キャッチコピーは「たとえ忘れてしまっても、きっと愛だけが残る。」第35回モントリオール世界映画祭で審査員特別グランプリ受賞した。

わが母の記 あらすじ

昭和39年。小説家の伊上洪作(役所広司)は実母の八重(樹木希林)の手で育てられなかったこともあって、長男ではあるが母と距離をとっていた。しかし、父が亡くなったのを機に、伊上は母と向き合うことになる。八重もまた消えゆく記憶の中で、息子への愛を確かめようとしていた。シネマトゥデイより引用
「『わが母の記』おすすめ邦画度!」の続きを読む…