『おしん』おすすめ邦画度!

監督:冨樫森 脚本:山田耕大 
キャスト:濱田ここね 上戸彩 稲垣吾郎 岸本加世子

NHK連続テレビ小説として放映され、大ブームを巻き起こし、海外でも人気の高い国民的ドラマ「おしん」を映画化。ドラマ版に出演していた泉ピン子や小林綾子らが脇を固めている。

おしん あらすじ

明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く7歳のおしん(濱田ここね)を奉公に出すことに。奉公先の材木店で朝から晩まで働き通しの毎日を送る彼女は、雪が溶けたら家に帰れると信じてつらい日々を耐え抜く。しかしある時、店の50銭銀貨が紛失してしまいぬれぎぬを着せられたおしんは、雪が吹き荒れる天候の中、自分から店を出ていき……シネマトゥデイより引用
「『おしん』おすすめ邦画度!」の続きを読む…