報知映画賞

 報知映画賞は、1976年度からスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として開催された日本の映画賞のひとつ。邦画の配給収入が洋画を下回り活気を失いつつあった日本映画会を盛り上げたいという映画担当記者達の願いから始まったといわれています。

報知映画賞の審査対象期間は、前年12月1日から当該年11月30日までの期間、首都圏において有料で1週間以上公開、あるいは公開予定の新作とされています。

第1回の選考会参加者には、作家・池波正太郎氏、つかこうへい氏、映画評論家・品田雄吉氏ら14氏に加え、本紙映画担当記者4人が参加したといわれ、映画賞開設した主催者側の熱き思いが感じられます。

報知映画賞の選考方法の特徴としては、読者投票が選考に加わること。読者投票の上位を基本にして、報知映画賞事務局と選考委員の1名が、個人部門最大10人、 作品部門最大20本のノミネートを選出。あらかじめ事前ノミネートで、報知新聞社の映画担当記者と映画評論家などの外部選考委員が、 その年を代表するに最もふさわしい作品・役者・監督を決定しているそうです。

読者投票については、毎年10月ごろから11月中旬にかけて、報知新聞紙面や報知ホームページ、Cinem@Hochi、協賛社ホームページ、 専用投票用紙などで報知映画賞事務局が認める投票方法で一般投票の実施を行っているとのことですので、邦画ファンとしては自分の意を反映するいい機会であるかもしれません。

報知映画賞 歴代受賞作品 / 報知映画賞から見つける邦画おすすめ作品

 下線がついた作品名をクリックすると詳細ページへ移動します。

映画賞INDEXで参照する

1976年(第1回)


1977年(第2回)


1978年(第3回)


1979年(第4回)


1980年(第5回)


1981年(第6回)


1982年(第7回)


1983年(第8回)


1984年(第9回)


1985年(第10回)


1986年(第11回)


1987年(第12回)


1988年(第13回)


1989年(第14回)


1990年(第15回)


1991年(第16回)


1992年(第17回)

1993年(第18回)


1994年(第19回)


1995年(第20回)


1996年(第21回)


1997年(第22回)


1998年(第23回)


1999年(第24回)


2000年(第25回)


2001年(第26回)


2002年(第27回)


2003年(第28回)


2004年(第29回)


2005年(第30回)


2006年(第31回)


2007年(第32回)


2008年(第33回)


2009年(第34回)


2010年(第35回)


2011年(第36回)


2012年(第37回)


2013年(第38回)


2014年(第39回)


2015年(第40回)


2016年(第41回)

  • 湯を沸かすほどの熱い愛

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す