『共喰い』おすすめ邦画度!

監督:青山真治 脚本:荒井晴彦 
キャスト:菅田将暉 光石研 田中裕子

原作は田中慎弥による人間の暴力と性を描いた作品。芥川賞を受賞した。監督は「サッド ヴァケイション」「東京公園」の青山真治。

共喰い あらすじ

昭和63年。高校生の遠馬(菅田将暉)は、父(光石研)と父の愛人・琴子(篠原友希子)と暮らしている。実の母・仁子(田中裕子)は家を出て、近くで魚屋を営んでいた。遠馬は父の暴力的な性交をしばしば目撃。自分が父の息子であり、血が流れていることに恐怖感を抱いていた。そんなある日、遠馬は幼なじみの千種(木下美咲)とのセックスで、バイオレンスな行為に及ぼうとしてしまい……。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 共喰い おすすめ邦画度数 star1-2

原作が人間の暴力と性を描いた作品ということだったのでドロドロした作品かなと思いきやそうでもなかった。むしろ父親の性癖に嫌悪しつつも自分にもその地が流れていることに葛藤しながら成長していく男の子の青春物語くらいに受取れたのはわたしだけだろうか。

指さしアイコン 『共喰い』を無料動画で探してみませんか?

映画賞受賞歴/共喰い

第37回日本アカデミー賞 /共喰い

  • 新人俳優賞:菅田将暉

第87回キネマ旬報ベストテン共喰い

  • 第5位
WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す