映画「デッドプール2」あらすじ・キャスト

映画『デッドプール2』は2018年6月1日に日本でも公開され話題となっている作品です。
公開前には主演を務めるライアン・レイノルズも来日し、同じく『デッドプール2』に出演している忽那汐里さんと一緒にイベントに参加していました。

その甲斐あってか、日本ではどうしても「名探偵コナン」シリーズが根強い人気を持っていますが、そのコナンを破り興行収入で初登場1位を獲得しました。この記録によって『デッドプール2』は全世界83カ国で初登場1位を獲得したことになります。

それだけ、人気映画の『デッドプール2」ですが、マーベル作品やジョークなどという以外にもかなり深いテーマが込められて作品になっています。そしてそれがこれだけのヒットに繋がりました。

「デッドプール2」映画概要

題名:デッドプール2 公式サイト
英語題名:Deadpool 2
監督:デヴィッド・リーチ
脚本:ライアン・レイノルズ
出演:ライアン・レイノルズ/ジョシュ・ブローリン/モリーナ・バッカリン/T・J・ミラー/ブリアナ・ヒルデンブランド

「デッドプール2」あらすじ

デッドプールことウエイドはヒーローとして悪者を倒す生活を送っていました。しかしある日、それが原因で大切な彼女のヴァネッサが死んでしまいます。その事で自分を責めるウエイドは、何に対してもやる気を失ってしまっていました。

そんなウエイドを見かねたコロッサスは彼にX-メンとして活動する事を勧め、恵まれし子らの学園にウエイドを連れてきます。しかしウエイドはX-メンとして活動する気はありませんでした。
そんな時、児童養護施設の前でミュータントとの少年が暴れているというニュースを聞き、X-メン見習いとして、現場に向かいます。

しかしそこで少年が虐待されていた知ったデッドプールは、施設職員を撃ってしまい少年とともに捕まってしまい、刑務所に入れられてしまいました。刑務所で特殊な首輪をつけられてデッドプールは能力を失い、病気のガンが出てきてしまい弱っていきます。

デッドプールはヴァネッサを失い、死にたいと思っていたので静かに死を受け入れようとしています。そんな時一緒に捕まった少年ラッセルを殺しに、未来からケーブルという男が現れます。人生に絶望していたデッドプールですが、妄想の中でヴェネッサに励まされ、少年を助けるためにたちあがったのでした。

少年を助けようとするデッドプールの物語ですが、その途中に差別に対する思いや、今の社会問題などを詰め込んだ作品になっています。

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す