映画「僕のワンダフルライフ」あらすじ・キャスト

ラッセ・ハルストレム監督のドッグシリーズといわれる作品「マイライフ.アズ.ア.ドッグ」「HACHI約束の犬」の他に「僕のワンダフルライフ」が、仲間入りした。

この作品は、ベストセラー作家のWブルース・キャメロンの原作小説を映画化したものである。「僕のワンダフルライフ」の原作小説は、ニューヨークタイムズのベストセラー第1位を獲得するほどの人気小説である。映画もヒットし小説・映画ともにヒットしている作品である。

映画では、犬達の愛嬌ある姿をふんだんに楽しめる。それと同時に犬達が、人間の都合で振り回される場面は、観ていて切なくなった。犬にとっての幸せについて改めて考えさせられる映画である。

「僕のワンダフルライフ」映画概要

日本語題名:僕のワンダフルライフ 公式サイト
原題:A Dog’s Purpose
監督:ラッセ・ハルストレム
原作:「野良犬トビーの愛すべき転生」W・ブルース・キャメロン
脚本:W・ブルース・キャメロン
主演:デニス・クエイド/ペギー・リプトン/K・J・アパブリッド・ロバートソン/ジョシュ・ギャッド/ジョン・オーティス

映画「僕のワンダフルライフ」あらすじ

ゴールデンレトリバーのベイリーは、少年のイーサンと仲良しである。楽しい時も寂しい時もベイリーは、イーサンの傍にいる。ある日、ベイリーは、イーサンと練習を積んでボールキャッチの特別な技を習得する。それは、ベイリーとイーサンの特別なボールキャッチの技となる。

イーサンは、高校生になり学校では、人気者になり大学もアメフトの奨学金で通えることになった。ベイリーは、ガールフレンドのハンナとも仲良くなり楽しい毎日を送っていた。しかし、イーサンに嫉妬していた同級生が、イーサンの家に放火してイーサンは、ケガをしてしまい奨学金で大学に通えなくなる。この事件のせいでイーサンは、ベイリーと遊ばなくなったしまった。預けられたベイリーは、老犬となり、静かに眠った。

次に目覚めた時には、ベイリーは、別の犬になっていた。別の犬として生活することになったが、考えるのは、イーサンのことばかりだった。そして、ついにイーサンに出会えたベイリーだが、イーサンは、ベイリーだと思ってくれない。そこでベイリーは、特別なボールキャッチの技をするのだった。

イーサンの事を一途に想い続けるベイリーの姿は、愛犬家のこころを揺さぶる感動作である。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す