ドラマ『ハンドメイズテイル 侍女の物語』原作者が込めた思い

Huluで配信が開始されるとその衝撃的な内容から話題となった『ハンドメイズテイル 侍女の物語』。この作品には原作の小説があります。さらに原作の作者は今回のドラマの脚本にも参加しています。それだけ原作者がこのドラマに込める思いが強かったと言えると思います。

1984年に書かれた小説ですが、設定は近未来です。でも決して遠い未来の話ではなく、現在に近い未来の設定です。30年以上経っていても世界はそんなに変わってない現実に驚かされるドラマでもあります。

『ハンドメイズテイル 侍女の物語』の原作

マーガレット・アトウッドが「侍女の物語」に込めた思い

カナダ人であるマーガレット・アトウッドは1985年に「侍女の」物語を出版しています。彼女がこの小説を書いたのにはその当時のアメリカの政治背景に疑問を持ったからです。

当時アメリカはロナルド・レーガンが大統領でした。レーガン大統領は保守的なキリスト教徒の票を得るために、「中絶を禁止する」という公約を立てます。
なぜなら保守的なキリスト教徒はアメリカの人口の25%はいると言われていて、この人達の票を得ることは、自分が大統領になるために必要だったのです。しかもレーガンはキリスト福音派ではなかったのに、その人達の票を欲しさに、公約を立てたわけです。そして見事レーガンは大統領になりました。

この事実を見ていたマーガレット・アトウッドは、このままキリスト教原理主義に政権に乗っ取られてしまったら、一体どうなってしまうのだろうと思い、この「侍女の物語」を書き上げたそうです。

『ハンドメイズテイル 侍女の物語』から見る女性差別

なぜ、『ハンドメイズテイル 侍女の物語』がこれだけ話題になっているかというと、これをドラマの中の世界だけだと思って見ていないからだと思います。

今現在でもやはり女性は差別されています。それは日本でも変わりはありません。しかもありえないと思っていたことが今、世界で起こり始めています。アメリカの大統領選やヨーロッパのEU問題など。

もしかしたら『ハンドメイズテイル 侍女の物語』のようなことも起こりかねないという恐怖心を感じながらドラマを見ている人も多いでしょう。そしてそれこそ原作者のマーガレット・アトウッドが警鐘していることかも知れません。

ドラマ『ハンドメイズ・テイル侍女の物語』あらすじ・キャスト

ゴールデングローブ賞やエミー賞を受賞したことで話題となった『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』はネット配信会社のHuluで制作れている。スポンサーなどによる規制がないので、テレビでは放送できないような内容まで踏み込んで製作されていて、その衝撃的な内容に注目が集まった。

『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』の中で女性は奴隷のように扱われていて、子供を産むためのマシーンのように描かれている。その描かれ方が残虐で独裁政権のような世界になっているので、あくまでドラマの中の話だと思ってしまいがちだ。しかし今の世の中何が起こってもおかしくない状況を考えると、『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』のような世界が絶対起こらないとは言えない。
そんな恐怖を感じながら見ている視聴者も多い。

ドラマ『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』作品情報・キャスト

題名ハンドメイズ・テイル 侍女の物語
原題
The Handmaid’s Tale
原作
侍女の物語
作家
マーガレット・アトウッド
配信
Hulu
放送
2017年〜(現在配信中)
シリーズ
シーズン1〜(アメリカ:シーズン2が配信中/日本:シーズン1配信)
シーズン3の製作決定!
出演
エリザベス・モス/イヴォンヌ・ストラホフスキー/ジョセフ・ファインズなど

『ハンドメイズ・テイル 侍女の物語』あらすじ

世界では子供を産むことが出来なくなってきているために、子供を産める女性は数少ない。そんな時アメリカで厳戒令が突然出される。女性は仕事ができなくなり、銀行口座も凍結される。そして気がつくと世の中はキリスト教の教団が支配する世界となり、子供を産める女性は国家財産として管理されるようになっていた。

その女性達は侍女として教育される。
主人公のジューンも侍女として教育されるために子供を奪われ捕まってしまう。そして名前もオブフレッドと変えられ、政府の幹部の家に侍女として働くことになる。オブフレッドの役目は侍女としてこの家の主人の子供を産むことであった。

変わってしまった世の中に戸惑い怯えながらも、なんとか自分を失わないように、そして子供を取り戻すために生活に耐えるジューンの葛藤を描いている。
最初は興味本位で見ていても、いつしかその衝撃的な内容に引き込まれてしまうドラマである。

指さしアイコン 『ハンドメイズ・テイル』を無料動画で探してみませんか?

ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』が人気の理由

アメリカで大ヒットしていてるドラマ『THIS IS US 36歳、これから』。シーズン1が放送中にシーズン3までの製作が決定するくらい、異例の大ヒットドラマとなっています。

新しいドラマがたくさん製作されますが、シーズン1で打ち切りになってしまうドラマが多数ある中でこの『THIS IS US 36歳、これから』はなぜ大ヒットしたのでしょうか?

ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』の各エピソードに隠されているサプライズ

このドラマは普通のドラマと違って時系列がバラバラで、現在と過去の話が1つのエピソードの中で一緒に描かれています。最初は何が起こっているのか分からなくても必ずエピソードの最後にそれが繋がっていきます。だから視聴者はつい最後まで見てしまうのでしょう。

シーズン1のエピソード1では全く繋がりのない36歳の男女の話が始まったのかと思っていたら最後に「えっ、この3人は三つ子なんだ!」「この2人の子供がこの3人なんだ!」という風に話が繋がって驚かされます。

毎回こんな感じでサプライズがあるので、エピソードが進むうちに次第に視聴者はそれを楽しみに待っています。しかもエピソードが進んでいくとちょっとずつ謎が溶けていって、この家族のことがよく分かってくるのでこの家族にいつの間にか虜になってしまっています。

『THIS IS US 36歳、これから』は日常を描いた物語

主な登場人物は5人です。両親2人とその子供達3人。どのどの登場人物も人間ぽくって親近感が湧きます。そのため「わかる!」という共感場面が何度もあってドラマなのにリアルに感じてしまいます。
お母さんの子育ての苦労やお父さんたちの仕事での苦労。ダイエットのことや恋愛のことなど、今まで絶対にみんなが経験したことある日常が物語のメインとされています。

普通に考えたら絶対ドラマにはならないような些細な事を取り上げてくれているので、視聴者が共感してしまうのです。そして感動して毎回泣いてしまいます。
メインの登場人物以外にも焦点が当てられているので、必ず自分と似てるかもというキャストがいると思います。

THIS IS US 36歳、これから』シーズン1の最大の謎

アメリカではシーズン2が放送されましたが、日本ではシーズン1が放送されただけでまだシーズン2は放送されていません。そのシーズン1の最大の謎が「お父さんに何があったの?」という事です。
シーズン1で現在ではお父さんが亡くなっていて、お母さんがお父さんの親友と再婚したことだけは分かっています。

でもなぜお父さんが死んだのかは描かれていません。子供達の過去の時代を描いた時にお父さんの死のことは出てくるけど、その理由だったりいつ死んだのかは分からないのです。
どうやらこれはシーズン2で分かるようです。アメリカでそのことが分かったエピソードの時はかなり話題になっていました。
それくらいみんながこのドラマに惹きつけられているっていうことですね。

この謎が解けるシーズン2が日本で放送されるのが待ち遠しいです。

ドラマ「THIS IS US」あらすじ・キャスト・相関図

THIS IS US 36歳、これから』は2016年にアメリカで放送が始まり大ヒットしたドラマ。
シーズン1放送中に、シーズン2、シーズン3の製作も決まっている。
数々のドラマの賞にノミネートされ、その中でもランダル役のスターリング・K・ブラウンはエミー賞やゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞した。

最近のアメリカのヒットドラマのように派手さや大掛かりなセットなどはないが、誰にでもある物語が共感を呼び、どの世代でも見ることができるドラマとなって大ヒットした。
さらに各エピソードごとに驚かされる展開があったり、泣いてしまう感動エピソードが含まれていることも人気となった理由である。

『THIS IS US 36歳、これから』ドラマ作品情報・キャスト

日本語題名:THIS IS US 36歳、これから
原題:This Is Us(公式サイトはこちら
放送:シーズン1 全18話 (アメリカ放送済み、日本放送済み)2016年9月~2017年3月
シーズン2 全18話 (アメリカ放送済み、日本未放送)2017年9月~2018年3月
シーズン3 全18話 (製作中)
脚本:ダン・フォーゲルマン
出演:マイロ・ヴィンティミリア/マンディ・ムーア/スターリング・K・ブラウン/クリッシー・メッツ/ジャスティン・ハートリー
キャスト・相関図 >>> 20世紀フォックスオフィシャルサイト

IS US 36歳、これから』あらすじ

ジャックとレベッカの夫婦は36歳のジャックの誕生日の日にレベッカが三つ子を出産する。
しかし1人は死産となってしまう。
ちょうどその時、親に捨てられた黒人の男の子がジャックとレベッカの二人の子供の横に寝ていた。ジャックはこれも何かの運命だと思い、黒人の子を引き取りレベッカと一緒に3人の子供を育てて始める。

それから36年後、3人の36歳の誕生日の日。
長男ケヴィンは俳優としてドラマに出演していたが、自分のやりたい役ではなくモヤモヤした日を過ごしていた。妹ケイトはダイエットの日々に明け暮れていた。頑張っても痩せない自分に嫌気がさし彼女もまたモヤモヤした日々を過ごしていた。

一方、二人とは離れたNYに住んでいるランダルは自分の本当の父親を見つけ会いに行く。そして父親に「捨てられたけど自分は立派に育っている」という事を一言いうつもりだったが、なんと自分の家に父親を連れてきてしまっていた。

時間を超えて36歳の時のジャック、レベッカ、ケヴィン、ケイト、ランダルの生活が描かれている。それぞれが誕生日やクリスマスなどをどう過ごしたかを表現しながら、少しずつ過去と現代が繋がり、彼らの成長していく様子を見ることができるドラマ。