『火のようにさみしい姉がいて』おススメ演劇度!

火のようにさみしい姉がいて

脚本:清水邦夫 演出:蜷川幸雄
キャスト:段田安則 宮沢りえ 大竹しのぶ

劇作家・清水邦夫が1978年に発表した戯曲に蜷川幸雄が挑む。ダイナミックな劇的迷宮を、舞台初共演となる大竹しのぶ、宮沢りえ、そして段田安則ら豪華キャストで送る。WOWOWより引用

火のようにさみしい姉がいて あらすじ

日本演劇シーンのトップを走る女優、大竹しのぶと宮沢りえの舞台初共演作品。本作は、劇作家・清水邦夫が自身の戯曲上演を進めるため主宰した演劇企画集団「木冬社」で1978年に初演。その後、1996年に清水自身の演出で再演されたものの、以降本格的な上演の機会がなく、伝説の戯曲とされていた。

<ストーリー>ある俳優の男(段田安則)とその妻(宮沢りえ)が、20年ぶりに、男の故郷である雪国の町に戻ってくる。仕事にも人生にも行き詰った夫婦の“転地療養”らしい。夫婦は、男の実家へ向かうためにバスに乗ろうとしたものの、バス停が見当たらない。そこで、バス停の場所を尋ねようと、1軒の理髪店に立ち寄る。だが、店の中には、誰一人いなかった。

そんな中、男は過って店の鏡の前にあったシャボンのカップを割ってしまう。つぎの瞬間、誰もいなかったはずの店の中に、男の姉と名乗る女主人(大竹しのぶ)や、得体の知れぬ客たちが次々に出現。彼らは、強引に男の過去に踏み込み、夫婦を現実とも虚構ともつかない幻惑の世界へと追い込んでいく。WOWOWより引用

火のようにさみしい姉がいて おすすめ舞台演劇度数 star1-3

WOWOWで視聴。ちょっと難解かも。ストーリーはどのようにも解釈できるという点で。とにかく心理的にグイグイ入り込んでいく芝居を俳優陣が魅せてくれます。その辺りが魅力ですね。

2015.1月現在、『火のようにさみしい姉がいて』のDVD販売に関する情報はありませんでした。
 

こんな記事もどうぞ