『 カノジョは嘘を愛しすぎてる』おすすめ邦画度!

監督:小泉徳宏
出演:佐藤健

ベストセラーになった青木琴美のコミックを実写化したラブストーリー。音楽業界を冷めた目で見つめるサウンドクリエイターと、シンガーとしての人並み外れた才能を秘めた少女の恋の行方を描く。

『るろうに剣心』などの佐藤健が主演を務め、およそ5,000人もの候補から選出された大原櫻子がヒロインを熱演する。メガホンを取るのは、『FLOWERS フラワーズ』などの小泉徳宏。

ロマンチックな物語はもとより、パワフルで臨場感に満ちたライブや歌唱シーンにも魅了されてしまう。シネマトゥデイ より引用
「『 カノジョは嘘を愛しすぎてる』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『MONSTERZ モンスターズ』おすすめ邦画度!

監督:中田秀夫
出演:藤原竜也 山田孝之

見るだけで他人を思い通りに操作できる特殊能力を持つ男と、その能力が唯一通じない男の激闘を描く韓国発アクションサスペンス『超能力者』をリメイク。

『リング』『クロユリ団地』などの中田秀夫監督がメガホンを取り、互いに呪われた宿命を背負い、閉塞感漂う社会で葛藤する人間同士の対決が展開していく。

主演は、本作が初共演となる藤原竜也と山田孝之。オリジナル版とは異なる日本版ならではのラストに衝撃を受ける。シネマトゥデイ より引用
「『MONSTERZ モンスターズ』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『ハドソン川の奇跡』おすすめ邦画度!

監督:クリント・イーストウッド
出演:トム・ハンクス

俳優としても監督としても著名なクリント・イーストウッド監督と、名優トム・ハンクスがタッグを組んだ人間ドラマ。

2009年1月15日、突然の全エンジン停止という危機に見舞われながらも、ハドソン川に不時着して乗客全員が生還した航空機事故のてん末に迫る。

『サンキュー・スモーキング』などのアーロン・エッカートらが共演。機長の手記を基に描かれる、奇跡の脱出劇の背後に隠された真実に言葉を失う。

シネマトゥデイ より引用
「『ハドソン川の奇跡』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『スノーデン』おすすめ映画度!

監督:オリバー・ストーン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット

名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。

CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの過程を描く。

スノーデン氏をジョセフ・ゴードン=レヴィット、その恋人をシャイリーン・ウッドリーが演じるほか、オスカー女優メリッサ・レオ、ザカリー・クイント、トム・ウィルキンソンらが脇を固める。

シネマトゥデイ より引用
「『スノーデン』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『溺れるナイフ』おすすめ邦画度!

監督:山戸結希
出演:菅田将暉 小松菜奈

映画化もされた「平凡ポンチ」「ピース オブ ケイク」などのジョージ朝倉の人気コミックを映画化した型破りなラブストーリー。

東京から田舎町に引っ越して来た美少女と、個性的な少年の出会いを軸に、10代特有のヒリヒリとした青春の日々を描写する。主演は、小松菜奈と菅田将暉。

監督を務めるのは原作の大ファンだという『5つ数えれば君の夢』などの山戸結希。原作が持つ独特の世界観をスクリーンに焼き付けた物語に魅了される。シネマトゥデイ より引用
「『溺れるナイフ』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『沈黙 -サイレンス-』おすすめ映画度!

監督:マーティン・スコセッシ
出演:アンドリュー・ガーフィールド

遠藤周作の小説「沈黙」を、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』などの巨匠マーティン・スコセッシが映画化した歴史ドラマ。

17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の日本を舞台に、来日した宣教師の衝撃の体験を描き出す。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズなどのアンドリュー・ガーフィールドをはじめ窪塚洋介や浅野忠信ら日米のキャストが共演。

信仰を禁じられ、苦悩する人々の姿に胸が痛む。

シネマトゥデイ より引用
「『沈黙 -サイレンス-』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『ヒア アフター』おすすめ映画度!

監督:クリント・イーストウッド
出演:マット・デイモン

クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。

死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。

主演は、『インビクタス/負けざる者たち』でイーストウッド監督作品にも出演したマット・デイモン。

ほかに、『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランスや映画初出演のジョージ、フランキー・マクラレン兄弟が共演。彼らが見いだす生きることの素晴らしさが、ズシリと心に響く。シネマトゥデイ より引用
「『ヒア アフター』おすすめ映画度!」の続きを読む…

『本能寺ホテル』おすすめ邦画度!

監督:鈴木雅之
出演:綾瀬はるか

『プリンセス トヨトミ』の綾瀬はるかと堤真一、鈴木雅之監督と脚本の相沢友子が再び集結し、元OLと織田信長との「本能寺の変」前日の奇妙な遭遇を描く歴史ミステリー。

婚約者の両親に会うために京都を訪れたヒロインが“本能寺ホテル”という宿に泊まり、本能寺の変の前日に、暗殺の標的となっている信長に出会い、信長や森蘭丸と交流するさまが描かれる。

元OL役の綾瀬と信長役の堤のほか、濱田岳、平山浩行、風間杜夫などが出演。現代と戦国時代の京都を行き来するヒロインが、歴史的な事件にどう絡んでいくのかに注目。シネマトゥデイ より引用
「『本能寺ホテル』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『恋妻家宮本』おすすめ邦画度!

監督:遊川和彦
出演:阿部寛 天海祐希

テレビドラマ「家政婦のミタ」「偽装の夫婦」など数々の話題作を送り出してきた人気脚本家・遊川和彦の初監督作。

作家・重松清の小説「ファミレス」を脚色し、子供が独立して二人きりになった夫婦が、家族の在り方を模索していくさまがコミカルに展開する。

熟年離婚の危機に瀕した主人公には阿部寛、その妻をテレビドラマ「女王の教室」など遊川脚本作品に出演経験のある天海祐希が演じる。

さまざまな家族の姿を描き続けてきた遊川が、どんな家族像や夫婦像を示すのか注目。シネマトゥデイ より引用
「『恋妻家宮本』おすすめ邦画度!」の続きを読む…

『パッセンジャー 』おすすめ映画度!

監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ジェニファー・ローレンス

航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス。

宇宙空間で生き残るすべを模索する男女を、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』などのクリス・プラットと『世界にひとつのプレイブック』などのオスカー女優ジェニファー・ローレンスが演じる。

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』などのモルテン・ティルドゥムが監督を務め、『プロメテウス』などのジョン・スペイツが脚本を担当。シネマトゥデイ より引用
「『パッセンジャー 』おすすめ映画度!」の続きを読む…